広告

電流失神

更新日付: 2024-04-15

近年もっとも酷い名作、「電流失神」をお届けする。浴衣姿で楽しそうに山道を歩いている娘、エリに茂みから野獣、志摩紫光が突如現れさらう。部屋に連れ込み猿ぐつわと後ろ手に縛られたエリは、むっちりとした太ももを露わにされナ〇フでパンティをゆっくりと切られてゆく「やめてください!」と言いながらも真っ白な下腹部が露わになる。極上のパイパンである。男の手で強引にこじ開けられるワレメ。柔らかくも肉付きのよいワレメは強引な指マンの餌食。滑らかに受け入れるワレメは、潤滑している。やめてほしいと思っているのか疑わしいほどに。願望があったのか。ならば。美しい顔をしている。色は白く肌の質感は男ならだれでも味わいたいほどの極上品。薄い痴毛を綺麗にしてあげよう。可愛い表で嫌がるエリ。だから喜ばせたくなる。指をまんこに挿入すると簡単に気をやる。やはり、かなり溜まっている。お仕置きが必要だな。責めるカリスマがうれしそうだ。熱い電球を体に押し当てると啼く。とても麗しい絶叫。また大絶叫。すげえ!!えりちゃ〜ん。いいよぉ〜。今回のカリスマの楽しそうな事ったら。野外に括り付けおしっこする。縛られたまま。泣きながら。なんでこんな目にという表情がまたそそります。鞭でもう少し可愛がってやろう。MAXの鞭。イイ。何度もイク。エリは体で覚えてゆく。お尻もまんまるで本当に可愛いです。こんな女を思い道理にしたいものですなぁ。さあ、これからはご褒美タイム!!絶叫のW電マ志摩流イカセ地獄の幕開けだ。失神、電流そして失神。す、すげぇ、すごすぎる!!!思う存分抜ける責めをご覧いただきます。